Y’s445 の仲間たちとの夢

吉本日、やっと発送できたこの Bag。

そのやり取りを踏まえて、ちゃんとよきように感じてくれている姿勢が何とも嬉しかった。

Y’s445 のユーザーは、私にとっては、お客さま、というより、同志、仲間という言葉の方がしっくり来る。

それぞれのお役目であり、立ち位置。

どっちが上でも、下でもない。

こんな仲間たちと、旅をすることが夢だ。

もちろん、Y’s445 Bag を持ってね♪

Y’s445 Bag Life プロデューサー 吉田 美子